次世代育成支援への取組み

くるみん

次世代育成支援対策推進法認定マーク「くるみん」を取得しました

  急速に進む少子化を受け、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を目的とした「次世代育成支援対策推進法」が、 2005年4月から施行されました。
この法律に基づき、アバールデータでは、2010年1月より、第1期行動計画を策定し、 仕事と子育ての両立をしながら、安心して働き続けることのできる職場環境の整備に取り組んでまいりました。
このたび、第1期行動計画の取組みが認められ、次世代法に基づく2012年認定事業主として、東京労働局より認定を受け、「くるみん」を取得致しました。 なお、引続き第2期行動計画を策定し、仕事と子育ての両立を図るための支援に取り組んでいます。また、すでに実施している取組みは以下のとおりです。


仕事と子育ての両立支援への実績

  1. 子の看護休暇に保存積立休暇(2日/年)を充当できる制度を設け、社員がより利用しやすい、子の看護休暇制度に改定
  2. 子が1歳6ヶ月に達するまでの間、または1歳に達し最初の到来する4月末日まで育児休業期間を延長できる、法を上回る制度に改定
  3. 小学校就学前迄延長できる、法を上回る育児短時間勤務制度に改定
  4. 社員の家族が、社員の働いてる職場を実際に見学することができる「家族参観日」を実施
  5. 毎週水曜日をノー残業DAYとして設定


一般事業主行動計画

株式会社アバールデータ 一般事業主行動計画(第1期)

株式会社アバールデータ 一般事業主行動計画(第2期)

株式会社アバールデータ 一般事業主行動計画(第3期)