GiGA CONNECTIONの概要

 GiGA CONNECTIONは、製品同士を光ファイバケーブルでライン方式で接続し、任意のノード間でデータ転送をおこなうことができます。通信のプロトコル処理は、ハードウェアによって自動的に行われるため、ソフトウェアの負担が少なく、容易にシステム構築ができます。
 GiGA CHANNELと異なる点は、データ送信は任意のノード間でおこなわれるためPoint to Pointの通信ととなります。もちろん、複数のノードに対してもデータを転送することができるので、従来のGiGA CHANNELのように全てノードでデータ共有することも可能にしています。
 従来のGiGA CHANNELでは1ヵ所でもリンクが切れてしまうと全ノードデータ転送ができなくなってしまいますが、GiGA CONNECTION製品の場合は、リンクしているノード間であればデータ転送は可能です。その他、伝送路の不具合の検出が容易に可能でありデータの信頼性を維持しています。プロトコルがシンプルなため、異なるシステムやOS間でのデータ共有も容易に行えます。

 

※リング方式については、今後のバージョンアップで対応

 

GiGA CONNECTION

Point to Pointの通信

高速に対応しているGiGA CONNECTIONではPoint to Pointの通信方式を採用。




 

リンク切断に対応

従来のGiGA CHANNEL シリーズでは1 ヵ所でもリンクが切れてしまうと全ノードでデータ転送ができなくなりますが、GiGA CONNECTION 製品の場合は、リンクしているノード間であればデータ転送は可能です。

資料請求

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。