FPGA Design Solution

受託開発

PCI Expressボード開発者の設計負担を軽減。主要機能の回路設計に集中できる環境を提供するためにPCI Express Bridge LSI
:AAE-B04を2007年にリリース。社内外の製品に搭載され、多くの実績を作って参りました。このAAE-B04によるPCI Express技術をさらに進化+深化して、PCI
Express周辺をFPGA IP化し、高速化のためのコンセプトを継承し更なる進化を実現しました。また、画像や通信の自社製品で培われた様々なIPコア群の充実により、お客様の製品開発サポート。All in One FPGAという形でご提供いたします。

 

 

 

 

PCI Express周辺FPGA IP

弊社IPは全てこのバスへ接続する為に作成された、スプリットトランザクション型バスです。Command / Write / Read の3Channelで1Portを構成し、各IPはMaster Port、Target Portのいづれかあるいは両方を持っています。Master、Targetは1対1であれば直接接続可能です。
複数のMaster/Targetを接続する場合はBus Switchを使用します。

 

画像処理コア

FPGA前処理向けIP

ーーーーーーーーーーーーーー

シェーディング補正
LUT変換
ベイヤー変換
HSI変換
スケーリング

画像積算

画像間演算

画像並べ替え

RGBライン補正

1次元フィルタ

2次元フィルタ

ランレングス抽出

セッジ座標抽出

          


         

FPGA画像処理に関して

 

光通信コア GiGA CHANNEL

アバール独自の高速光通信GiGA CHANNELのIP。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ TOP