戻る
閉じる
Opt-C:Link
Opt-C:Link

 マシンビジョン分野の標準インターフェース「CameraLink」の弱点だった伝送距離の制限やノイズの影響を受ける環境での所用の難しさを解消する新しいインターフェースの提案です。カメラと入力ボードを光ファイバでつなぐインターフェース:Opt-C:Link(オプト・シー・リンク)。高解像度・高速カメラのデータの長距離伝送(150m)を可能にします。転送速度も6.25Gbps×2chの通信速度に対応。ノイズに強く、画像データと制御信号も同じ光通信で実現でき省配線にも貢献します。

概要

接続図
Opt-C:Link接続図

 Opt-C:Linkは、光を媒体としたインターフェースです。Opt-C:Linkの転送プロトコルは、GiGA CHANNEL技術をベースに、
画像転送に特化した独自のプロトコルを採用しています。設計者は、FPGAに実装可能なOpt-C:LinkのIPを使用することができ、
転送プロトコルを意識する必要はありません。入力ボードの他に既存のカメラリンクから変換するユニットも用意されています。

カメラと入力ボードの接続図を右に示します。入力ボードからカメラへの通信方向をアップリンク、カメラから入力ボードへの通信方向をダウンリンクと呼びます。通信速度は6.25Gbpsとなり、広帯域の画像データを扱う場合はDUAL構成(2チャンネルを使用して、ひとつの画像を転送する接続形態)で転送することも可能です。なお、アップリンクとダウンリンクの通信速度は同じ速度で使用します。画像データ、トリガ、シリアル通信は全てパケット化され光回線を通してカメラとグラバー間でやり取りが行われます。

通信ブロックブロック図

通信速度

6.25Gbps/6.25Gbps_DUALによる光通信でBaseからFull/Deca相当以上の転送が可能です。

カメラリンク
コンフィグ
光通信速度
[Gbps]
OPTCL_IF仕様 カメラリンク
クロック[MHz] バス幅[bit] 転送レート[MB/s] クロック[MHz] バス幅[bit] 転送レート[MB/s]
Base/Medium 6.25Gbps 156.25 32 625 85 48 510
Full/Deca 6.25Gbps DUAL 156.25 64 1250 85 80 850

構成例

APX-3800とOpt-C:LinkI/Fカメラの接続構成

APX-3800

APX-3300

AOC-162を使ったAPX-3800とCameraLinkI/Fカメラの接続構成

AOC-162

AOC-162

主な製品

APX-3800AOC-162

APX-3800:
6.25Gbps×2chを搭載したOpt-c:Link画像入力ボード。(写真左)

AOC-162:
CameraLink→Opt-C:Link変換ユニット(写真右)

ASB-1300opt:
Opt-C:Linkに対応した画像処理プラットフォーム。mini-ITXサイズのコンパクトなボード上にCameraLink I/F×2chとOpt-C:LinkI/F×2chを搭載した製品。

対応カメラ

カメラ

Opt-C:Link I/Fに対応したカメラがCIS社より下記の機種が用意されています。
詳しく営業までお問い合わせください。

◎VCC-GC21FR110P:4M, 8bit/10bit, 75MHz
◎VCC-GC21FR190P:4M, RAW8bit/10bit, 75MHz
◎VCC-GC21U110P:2M, 8bit/10bit, 75MHz
◎VCC-GC21U190P:2M, RAW8bit/10bit, 75MHz
◎VCC-GC21V110P:VGA,8bit/10bit, 75MHz
◎VCC-GC21V190P:VGA, RAW8bit/10bit, 75MHz