その他
画像処理装置/カメラ
近赤外線カメラ

短波長赤外(SWIR)ラインセンサカメラ

ABL-005WIR
NEW
ABL-005WIRは、近赤外領域(900nm ~ 2550nm, ピーク2300nm)に感度を持つ512画素InGaAsラインセンサを使用したカメラです。長波長側の感度を向上させ幅広い帯域を持つ製品となります。

rohs対応 GigE Vision GigE  GigE

製品の特長: 
検出波長帯900nm~2550nm
512画素、ピクセルサイズ25ミクロンのInGaAsラインセンサ
ラインレート13.8KHz, 露光時間10μs〜1ms
外部トリガ信号による任意での露光制御
映像出力ビットを8/10/12ビット出力から切り替え可能
GigE Visionインターフェース製品
画素欠陥補正機能搭載
内部冷却機能
シェーディング補正機能
ルックアップテーブル機能
主な仕様
型番 ABL-005WIR-GE
インターフェース Gigabit Ethernet (1000BASE-T)
撮像素子 有効画素数:512、画素サイズ: 25μm×25μm
InGaAsラインセンサ 2段電子冷却
検出波長帯 900nm~2550nm
ピクセルクロック周期 5MHz
ラインレート/露光時間 13.8KHz(MAX)/露光時間10μs~1ms
変換効率 標準感度モード:160nV/e-
映像S/N比 50dB
Gain 0dB〜+12dB
黒レベル 0LSB〜127LSB 可変(10bit時)
主要機能

ステータスLED、内部冷却機構、各種補正(DSNU,PRNU,画像欠陥,シェーディング)、フィールドアップグレード機能

映像出力 8/10/12ビット
電源 入力電圧範囲:DC+12V±1V 消費電力:9W
レンズマウント C マウント1インチ
動作温度/湿度 -5℃ ~ +40℃/ 20 ~ 80% (ただし結露無き事)
保存温度/湿度 -20℃ ~ +70℃/ 20 ~ 80% (ただし結露無き事)
ペルチェ設定温度 -30℃ ~ +35℃/ 20 ~ 80% (ただし動作温度範囲内で使用する事)
外形寸法 72mm×58mm×115mm (マウント部及び突起物含まず。)
重量 725g
規格 RoHS、CE(予定)
カメラ更新機能 SDK-TransFlyer TConfigurator
ケーブル(映像出力)※1 CAT5E、CAT6対応LAN ケーブル
ソフトウェア開発キット 撮影/通信用:SDK-TransFlyer (型名: AZP-ACAPTF-01)、GigE Vision®、GenICam©、GenICamTM GenTL 準拠

 ※  1:オプション

感度特性
インターフェース
外観図
プラグ&プレイ(ABL-005WIR-GE)

ABL-005WIR-GEは、GigEVision(GenICam)準拠によりプラグ&プレイでの画像取込・カメラ通信が可能です。余計な設定の手間をかけることなく、カメラを接続するだけで基本的な画像取込・カメラ通信を実現します。
これにより次のような大きなメリットがあります。
* カメラ機能の調査、通信機能の実装工程の大幅削減 (インタフェース、プロトコル、カメラコマンド差異)
* 誤った設定による画像破綻のリスク低減 (画像サイズ、ピクセルフォーマット)

その他の資料
注釈: 

◎記載された仕様及び外観は予告無く変更される場合が有ります。
◎消費電流には突入電流を含んでおりません。
◎正しく製品をお使い頂くため、ご使用の前に必ず取扱説明書をお読みいただき、製品保証範囲内でご使用ください。

TOPへ

資料請求

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。