アバールデータ製品の安全保障貿易管理と該非判定書の発行について

1. 安全保障貿易管理に関する方針について

当社は、国際的な平和及び安全の維持、大量破壊兵器等の不拡散及び通常兵器の過度の蓄積防止の観点から、国際的な安全保障貿易管理のレジームに基づく、「外国為替及び外国貿易法等の輸出関連法規」、および「米国輸出管理法による再輸出規制等」により規制されている貨物の輸出及び技術の提供について、関連法令等に違反してこれらを行わないことを基本方針としております。 
 

2. 輸出管理に関する書類の提供について

当社は、当社の製品に関してお客様の輸出業務をご支援するための該非判定書を発行しております。発行させていただく書類は、当社の製品単独での該非判断となります。お客様の最終製品における該非判定の参考資料として提供させていただきます。
* 該非の最終的な判断はお客様自身で実施してください。
* 輸出先の規制については、お客様自身でお調べください。
* 社内管理用としての該非判定書は発行できない場合もあります。
* 当社の判定内容に疑問がある場合は以下の連絡先までお問合せください。
  <連絡先>
  株式会社アバールデータ/本社・町田事業所/営業部
  〒194-0023東京都町田市旭町1丁目25番10号
  TEL:042-732-1030/FAX:042-732-1032
  e-mail:sales@avaldata.co.jp


3. 提供させていただく該非判定書

* パラメータシート CISTECフォーマット
* 該非判定書 当社フォーマット(リスト規制)


4. 該非判定書の提出について

* 本サイトからご依頼受付後、PDFファイルにて送付致します。
* 原書送付をご希望の場合は、依頼項目『書類の提出方法』の『原書送付を希望する』にチェックをしてください。
* ご希望納期に添えない可能性があります。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。


5.該非判定資料以外の資料請求について

「米国輸出管理規則(EAR)」などの 該非判定資料以外の資料請求については、依頼項目『当社への連絡事項』欄に記入をお願いします。
 

6.お願い

■ 該非判定書の有効期限
「外国為替及び外国貿易法等の輸出関連法規」、および「米国輸出管理法による再輸出規制等」の改正に合せて該非判定の内容を更新する必要がございます。必ず最新の該非判定書をご使用ください。(弊社より発行させていただく判定書においては基本的に最新の内容となります。)

■ キャッチオール規制について
製品を輸出する際には、仕向国、客観要件、インフォーム要件等を確認し、キャッチオール規制に該当する場合(お客様のご判断となります)は必ず経済産業大臣の輸出許可を受けてください。 

■ 当社製品の単独輸出について
「非該当」と判定された当社製品を保守用などの用途で単独で輸出する際には、発行させていただいた書類(該非判定書、パラメータシート)をご利用ください。
 
 

7.安全保障輸出管理に関して

経済産業省 http://www.meti.go.jp/policy/anpo/

日本機械輸出組合 http://www.jmcti.org/

安全保障貿易情報センター http://www.cistec.or.jp/

米国輸出規則について http://www.buyusa.gov/japan/services/bg_jp_030105.asp

税関 http://www.customs.go.jp/

  


  

安全保障貿易管理に関する該非判定書の発行依頼